FC2ブログ

キャンプ? in car (1) 準備


キャンプ? in car



主な登場人物
筒井 正志 37歳 銀行員
筒井 恵美子 34歳正志の妻 専業主婦 元銀行員 二児の母 
川野 清三 42歳 正志の同期 役職(現、正志の上司)
川野 梨花 35歳 清三の妻     



~準備~

汗が滲んだ額に容赦なく8月の日差しが突き刺さる。
―――洒落にならない暑さだな、外構をケチらずにカーポートを作るんだったよ......

37歳になる筒井正志は、腰をくの字に曲げたままの姿勢で、今年の春に出来上がったばかりのマイホームを見上げた。

県下最大の地方銀行に勤務する正志は、僅かばかりの金利優遇措置と出向リストラ対策のため、自身が勤める銀行で多めの住宅ローンを組んだ。

しかし、そのローンの余分は早々と今荷物を積み込んでいる新車の7人乗りバンに形を変えてしまっていた。

午前とはいえ8月初旬の日差しは、遮るもののない正志のやや白い肌をジリジリと焼き、これからの予定について気乗りのしない憂鬱な気持ちを増幅させている。

正志が缶ビールの入ったクーラーボックスを荷台に積み終えると、妻の恵美子が顔に非難の色を浮かべて、リビングの掃き出し窓からひょいっと顔を覗かせた。

「あなた、荷物は全部乗せたの? 豚さんのリュックは載せないでってお願いしていたでしょ!」
正志は腰に手を当てて、体幹を伸ばすような動作で恭しく恵美子に顔を向ける。

「―――ああ...... ええっと...... ごめん、ごめん、そんなこと言ってたっけ?」
「しっかりしてよ、ついさっきお願いしたばかりじゃない。子供たちが楽しみにしているキャンプの日にまで言わせないでくれる!」

恵美子の機嫌が悪いのは、役員になった小学校のPTAが原因か、それとも夫が不参加の町内会のことが原因か、最近は些細な事でも夫婦間の喧嘩が絶えないでいた。

妻の恵美子は、もともと正志と同じ銀行に勤めていた行員だ。正志の3年後輩にあたり、窓口担当の恵美子を融資担当の正志が猛アタックの末にものにして、今年で結婚7年目を迎える。

学生の頃から面食いであった正志が、同期曰く「顔はそこそこ」と及第点の評価を受けていた恵美子に猛アタックをかけた理由は、本能的に男の視線を惹きつける、ブラウス越しのはちきれんばかりの豊満な胸、そのたわわに実った双房を支えることが難しいのではと思わせるくびれた腰回りにあった。

長男の出産を機に専業主婦となった恵美子は現在34歳、結婚7年の歳月で2児を出産した。

出産を経て腰回りに肉に加えたが、醸し出す色香は衰えず、母性を加えたことで新婚当時にはない艶やかな雰囲気をまとうようになっている。

また、豊満な胸も垂れ下がってはきているものの、そのボリュームは増し、今もすれ違う男の目を楽しませていた。

「おいおい、本当に聞いてないないよ」
「言ったわよ! あなたは私が言う事はいつも右から左ね!」

正志は、妻の甲高い感情的な声に嫌気が差し、会話を一方的に中断して“豚さんのリュック”を目で探す。

溜息まじりの恵美子の顔が窓から引っ込み、正志が再び窓に目をやると、リビングの奥に九分丈のジーパンを履いた妻の後ろ姿が見えた。

上衣は一応山に行く事を意識してか、赤色チェック柄の長袖ネルシャツを着ている。その下はTシャツだろか。体重増加でジーパンの臀部は弾ける前の熟れた果実に見える。

「パパ、豚さんのリュック」
正志の横には、いつの間にか4歳になる長女の香住がに立っていて、正志の短パンの裾を引っ張り母親の発言を真似ていて、妹と一緒に外に出てきた7歳になる長男の正彦は、携帯ゲーム機を両手で持ち、体を左右に揺らしてゲームに興じていた。

「せっかくキャンプに行くのだから、ゲームは置いとくんだよ」
正志は諭すように長男に声を掛けるが、ゲームに夢中で返事はない。               

テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2014_11_06


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

ヒデマル

Author:ヒデマル
はじめまして。
本業から脱落したい
サラリーマン(?歳)です。
性癖が合えば嬉しいですね~
★★★相互リンク、コメント大歓迎★★★

最新トラックバック

トータル来場者数

ブロマガ購読者向けメールフォーム

全記事表示リンク

検索フォーム

リンクはフリーです

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
アドレス:
本文:

ランキング




PAGE
TOP.