FC2ブログ

船上で寝取られて~その5~


妻のサマーワンピースの背中は大きく開いた形で、薄暗い映画館の中で
青白く浮いて見え艶めかしく感じた。
僕はその背中に近づこうと一歩踏み出したところで、違和感を覚えて足を止めた。
 
疎らな客席のはずが、妻の背中の左隣に男性客の背中が並んで見える。
隣の客は考えるまでもなく同室の田中だとすぐに分かった。

田中が妻を誘って映画を観に来ているのだから、隣同士で座ることは自然で
あるのだが、僕が感じた違和感はその背中同士の近すぎる距離にあった。

疎らな客席にあって2人の肩は不必要に密着し、知らない他の客から見れば
恋人同士にしか映らないだろう。

―――絵理のやつ、旅先だからって羽目を外しすぎだぞ!!―――

僕の中で妻と田中に対しての怒りの感情が芽生えてきた。

僕らの夫婦関係は良好というか良すぎるくらいで、僕は妻を信頼していた。
美人な妻を持つ夫として、今まで信頼する妻の浮気を想像したことはなかった
のだが、妻の美貌に寄ってくる男達の熱い視線には日頃から警戒していた。

レストランでの食事の際に、日頃から子育てに追われている妻が旅先の
解放感に浸りエネルギッシュな若者と接することで、少なからず大胆に
なっていることは感じていた。

僕は狭い館内だけに、出入口付近から普通に声を掛ければ妻が振り向くことは
分かっていた。

しかし、そうはせず、上映中の映画館だからと自分の中で言い訳を考えつつ
2人の背中を凝視して息を殺し静かに近づいていった。

あの時に何故、妻に声を掛けなかったのかを考えてみると、僕の信頼に応えて
くれる妻を見て安心感を得たかったのか、信頼する妻の羽目を外した行動の

先にあるものに興味があったのか、はたまたその両方の気持ちがあったのかは
自分でも分からない。

階段状の段差を利用した座席には高い背もたれはない。
腰を屈めて通路を進み2人の背中が近くなると、お互いの小さな動きが
見て取れるようになった。

妻と田中は肩どころか腰までもが密着した状態で、時折、田中の頭が妻の
耳元の方に向き何やら話し掛けているようだった。

僕は恋人同士のような雰囲気の2人に愕然として、妻を口説いているであろう
田中に怒りを覚えて思わず声を上げそうになった。

しかし、明らかに妻の体の方が隣の田中の方に傾いている事を理解すると
声が出ることはなかった。

僕は汗をかいた両手の拳を握りしめ、2人がよく見える位置の前から
4列目の斜め後方の座席に力なく腰を下ろした。

映画はクライマックスのアクションシーンで、館内は激しい銃撃戦と
爆発の音で満たされた。

妻の隣の田中は妻の方に顔を向け、映画そっちのけで何やら話し掛けている。
妻の方はそれに応じて笑っているのか、微かに肩を揺らしているのが見て取れた。

田中の頭が妻の耳元に近づく度に、じりじりとした焦燥感に苛まれどこか楽しげな
妻の様子に声が掛けられないでいた。

スクリーン上では主人公の2人が現れた黒幕と対峙している。
僕はこのまま何もなく映画が終わるのを期待して、後の絵理に対する言葉を考えた。

黒幕が主人公2人と素手の格闘戦で敗れビルの屋上から落ちてゆく。僕の記憶なら
この後にヒロインと再会してエンドロールが流れたはずだ。

さすがにこの状況で妻と顔を合わせる気にはなれない僕は、館内が明るくなる前に
2人を避けて静かに席を立とうとした。

その時、突然に田中の腕が妻の肩に回された。
妻は一瞬驚いた様子だったが嫌がる素振りは見えない。

スクリーンが暗くなりエンドロールが流れる。館内がスクリーンの光を失い暗くなった。
エンドロールが流れる中、妻は腕を回した田中の方に頭を向けて何かを話し掛け、
そのまま田中の右肩に自身の頭を預けていった。
 2017_06_16


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

ヒデマル

Author:ヒデマル
はじめまして。
本業から脱落したい
サラリーマン(?歳)です。
性癖が合えば嬉しいですね~
★★★相互リンク、コメント大歓迎★★★

最新トラックバック

トータル来場者数

ブロマガ購読者向けメールフォーム

全記事表示リンク

検索フォーム

リンクはフリーです

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
アドレス:
本文:

ランキング




PAGE
TOP.