FC2ブログ

船上で寝取られて~その8~


僕らの部屋の中央の電灯は消えている。

それぞれの寝台の枕元にある薄暗い電灯は、僕と渡辺君の寝台のものが消えていて
妻と向かいの田中の電灯が点いていた。

妻が上段の目隠しのカーテンを閉めた事で部屋がさらに薄暗くなった。
 
僕の頭上から聞こえてくる会話は少なくなっていた。
その代りにぴちゃぴちゃと湿り気を帯びた音と、妻の明らかな喘ぎ声が聞こえるようになっていた。

「うっ、はぁん、うっ、うっ、う、はぁ~ん」
声は抑えているようでも妻の本気を示す低い喘ぎ声が次第に聞こえるようになってきた。
2人が紛うことなく前戯に入っているのが分かった。

僕は完全に起き出すタイミングを失っていて、2人が発する熱を帯びた声と想像を描き立てられる
衣擦れや寝台の軋む音を聞かされて不覚にも勃起した。

「ここ弱いんですね」
「はぅ、駄目」

「体がビクンビクンって反応してます」
「はぁ意地悪・・・・・・うっ」

どちらが上でどちらが下なのか、僕の頭の中で妄想は膨らむばかりだった。
実際の行為を覗き見たいという思いが持ち上がるのだが、頭上という位置関係を
考えれば難しい事のように思えた。

「ねえ、これ以上は駄目だよ。会ったばかりだし、それに・・・・・・下に夫が寝てるから・・・・・・」
妻は田中の執拗な触手をそれとなくいなしていた。

映画館に続いて僕の頭上で起こっている出来事で、妻への信頼は何処かに吹き飛んで
しまっていたが、それでも妻を信じたいという気持ちが何処かに残っているような気がしていた。

「じゃあ、僕のを触ってくれますか」
「もう、いやらし事ばかり言うのね」

寝台が小さく軋んだ。

「どうです」
「もー、感想を求めないで」

「ちょ~気持ちいいです」
「まだ握っただけじゃないの。うぁ~硬い」
妻の声は熱を帯びていた。

僕は自然とパンツの中に手を入れ自身の勃起を握りしめていた。
上下にストロークすると怒りや嫉妬の感情に支配されていた僕の頭の中で何かが爆発し、
今までに感じた事のない快感が体中を駆け巡った。

「絵理さん、気持ちいい」
「本当に? 痛くない?」

「はい、もうイキそうになっちゃいます」
「もう~急に出しちゃダメよ。うふ、可愛いね」

Tシャツとホットパンツに着替えた妻が、Tシャツを胸の上まで大きく捲られ添い寝した胸を
ちゅうちゅうとしゃぶられながら田中の勃起を優しくシゴいている状況を頭に思い浮かべて、
僕は自身の勃起を激しくシゴいた。

妻の胸は小ぶりながら張りがあり、乳輪はやや大きめで人妻のエロさを醸し出している。
その胸が僕の想像の中で、田中の唾液にまみれてテカテカと艶めかしく光っていた。

田中は乳首に歯を立てて上目遣いに妻の反応を楽しんでいた。
妻の手は田中の肉棒に添えられ、小指と親指で作った輪っかを食い込ませるようにして
優しくシゴいていた。
田中がいやらしい妻の乳首から口を離して伸びあがると妻の唇を奪いにいった。

僕の妄想は頭上の艶めかしい息遣いや喘ぎ声を聞きなが進んでゆく。

妻は田中の肉棒をシゴきながら自らの舌で田中の舌を迎えた。
田中の舌が妻の口腔内を犯してゆく。

妻は口の端から涎を垂らしてされるがままだ。
カウパー液でギトギトの手はしっかりと肉棒を握りしめ夫ではない男の体に大きな
快感を送り込んでいた。

寝台がギシギシと小刻みに揺れた。
僕は妄想から引き戻され頭上に集中した。

「絵理さん、駄目だ、出すよ!」
田中の呻くような声が聞こえた。

「あ~ん、出して、いいよ、出して」
最近では聞くことがなかった色っぽい声で妻が応えた。

「出る、出る、うっ」
「きゃ! 熱い・・・・・・ 出たのね、いいのよ・・・・・・」

2人の荒い息遣いと、ちゅちゅっというキスを想像させる音が聞こえた。
僕は事後に気恥ずかしそうにして田中の腕に抱かれている妻の表情を
想像してパンツの中で射精した。
 2017_07_08


Comments

 

はじめまして毎回読むのを楽しみにしています。

自分は寝取られ小説が好きなのですが、なかなか自分好みの物語に出会えない中久しぶりにこれだ!と思える小説に巡り合えました。
妻や恋人が魅力的な男性に誘惑されて本人も乗り気で性行為をしてしまう、そんなシチュエーションが好きなんですが、寝取られでもニッチな分野なのかなかなか見つからないんですよね。

体調に気を付けて頑張ってください!
出来れば週一ぐらいのペースでアップしていただけると嬉しいです。
zidoudanbou  URL   2017-07-10 16:35  

Re: タイトルなし 

zidoudanbouさん、丁寧なコメントありがとうございます。
頑張って更新しますので応援よろしくお願いします。

ヒデマル  URL   2017-07-10 22:19  

 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2017_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

ヒデマル

Author:ヒデマル
はじめまして。
本業から脱落したい
サラリーマン(?歳)です。
性癖が合えば嬉しいですね~
★★★相互リンク、コメント大歓迎★★★

最新トラックバック

トータル来場者数

ブロマガ購読者向けメールフォーム

全記事表示リンク

検索フォーム

リンクはフリーです

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
アドレス:
本文:

ランキング




PAGE
TOP.