FC2ブログ

キャンプ? in car (4) 往路の高速道路

Category: キャンプ? in car   Tags: 口腔内  唾液  

~往路の高速道路~

長男正彦の回復を待ってサービスエリアを出発し、遅れを取り戻すように正志は車を走らせていた。
その車内の様子であるが、サービスエリアに寄る前と後では若干の違いがる。

車酔い対策で正彦からゲーム機を取り上げた事は勿論のこと、正彦の座る位置は車酔いしやすい後方の3列目シートから助手席に変更されていた。
 
助手席に座っていた恵美子は長男と座る位置を交替し、3列目の座席へ移動して、清三と恵美子が並んで座る形になっている。

「すまんな、ビールを開けて」
恵美子がキツ目のジーンズに包まれた、熟れた尻を清三の隣にすべり込ませると、清三はプルタブを開けて喉を鳴らす。

「筒井さん、着いたらしっかり飲んでね」
清三が「こっそり飲む」と言っていたビールを何故か梨花も手に持っていて、プルタブを開け、ルームミラー越しに正志に対して悪戯っぽく微笑む。

「恵美ちゃんも飲もうよ」
「私は着いてからでいいです」

清三が恵美子にビールを勧めている声が聞こえるが、3列目の座席の会話は、正志の運転席からは聞き取りにくい。
ビールという単語が聞こえて、正志がルームミラーを見ると、恵美子と目が合った。

「恵美子も飲めば」
「うーん、じゃあ少しだけ」

もともと酒に弱い恵美子であったが、解放感と夫の勧めで渋々ながら隣の清三からビールを受け取る。
高速道路を進んで1時間が過ぎても、車内では会話が途切れることはなかった。

しかし、皆早起きだったせいか、喋り疲れて段々と会話が少なくなってきている。
高速道路は後20分程で下りるが、キャンプ場まではそこからまだ1時間近くかかる距離だ。

恵美子は、夫の後押しと雰囲気に流されてビールを飲んだが、もともとアルコールに弱い体質と車の揺れも手伝い、缶を半分ほど空けただけで酔ってしまっていた。

何時もは気持ち悪くなるだけだが、恵美子自身、清三の軽妙な語り口を楽しんでいるせいか、やけに心地がよいことに気がついている。

―――ほろ酔い気分ってこのことかしら?
と恵美子の冷静な部分が考えていると、突然右太ももに違和感を感じた。

「―――冷たい!?」
「ごめん、新しいの開けたら噴出してしまった......」

清三がビールを恵美子の太もも付近にこぼしたのだが、意外に落ち着いた声である。

そして、落ち着いた声とは裏腹に素早い動きで何処からかタオルを取り出し、恵美子のジーンズの太もも部分を躊躇なく拭きはじめた。

「いいですよ。自分で......」
「駄目だよ! シミになる」

こぼれた量は知れているが、清三は恵美子のジーンズの太もも部分を丹念に拭いていく。
恵美子は清三の冷静な対応と、有無を言わせない行動の速さに思考が停止し、されるがままとなっていた。

恵美子は、夫の友人で上司でもある男に、ジーンズ越しとはいえ太ももを触られているという状況に戸惑い、夫の助けを求める気持ちで運転席の方へ顔を向ける。

しかし、ビールがこぼれた時の悲鳴が思ったよりも小さかったらしく、正志やすぐ前の座席の梨花でさえも全くアクシデントに気が付いてない様子であった。

「ごめんね、乾くかな...... 結構濡れているよ......」
清三がビールを吸ったタオルを恵美子の太ももから外し、こんどは、前の座席の背もたれに掛かっていたティッシュを何枚か手に取って、恵美子の太ももに擦り付けてきた。

「あっ!? 自分で......」
「待って、ちょっと足を浮かせてくれない?」

清三は恵美子の言葉を遮り、太ももと座面の間に手を滑りこませようとしていた。

―――あまり強引に拒否して...... 逆に変に思われたら...... 悪いと思って拭いてくれているのに......

恵美子は相手の行為を善意と受け取り、恥をかかせてはいけないという気持ちが芽生えてきていた。

「自分でやりますから......」
恵美子は消え入りそうな声で拒否をしながらも、同時に、両手をお尻の後ろの座面について、お尻を支点に両太ももを若干浮かせて清三に協力する姿勢になる。

そこですかさず清三の左手が恵美子の太ももと座面の間に差し込まれた。

「ああ......」
恵美子の口から思わず悲鳴にも似た声が出たが、それは車内という狭い空間を意識してか、とてもか細く、すぐに高速道路を走行中の風切音にかき消されてしまった。

恵美子は、太ももの裏側に差し込まれた清三の分厚い手の感触に恥じらい、強く断らなかった自分自身を恨んだ。

拭きとる行為自体は、とても自然で作業的な感じを受けるのだが、恵美子は下半身を間接的にでも触られているという事実からどうしても恥じらってしまう。
しかし、真剣な清三を気遣うために平静を装いとても長い時間に感じられる。

太ももの裏側を拭きとられているさなか、恵美子は何処に視線を合わせるというわけでもなかったのだが、不意に正志と目が合った。

直接ではなくルームミラー越しに正志が、恵美子を凝視している。

「どうした?」
少しざわついた後方の様子が気になり正志が、恵美子に声を掛けた。

恵美子は、夫の突然の問いかけに動揺するが、夫以外の異性に「濡れた太ももを拭いてもらっている」とは言えず、少し
間を置くと、何事もないように答えた。

「えっ? な、何が? 何でもないわよ ―――だ、大丈夫よ......」

隣の清三は一瞬手を止めるが、すぐに手の動きを再開させる。

正志が見ているルームミラーの角度では、三列目に座っている恵美子と清三の胸部から下は見えていない。
よく考えれば、恵美子は「ビールがこぼれた」と正直に正志に言えばよかったのだが、今のお尻を浮かしている姿勢と旦那以外の男に間接的ではあるが太ももを触られているという羞恥心から咄嗟に嘘が出たのだ。

清三は、恵美子の返答に免罪符を得たと思ったのか、恵美子の太もも裏に回した手の動きを強め、いっこうに止めようとはしない。

それどころか、太もも裏の手を強引に滑らせて臀部に移動させ、恵美子の熟れた尻を軽くではあるが円を描くようにして撫で始めたのだ。

「川野さん!? 酔ってるの?」
恵美子は、何食わぬ顔で手を動かす清三に非難の目を向ける。しかし、清三は先ほどの恵美子の夫への返答を了解のサインと考えてか、秘め事の共犯者に対するようにウインクで返した。

―――川野さんは、酔っているのよ...... これは子供の悪戯みたいなもの......
恵美子は、清三の行為は酒のせいで、冗談の延長線上にあるものと信じたかった。だが、清三の手の動きは次第に大胆になり、痴漢のそれと変わらないものとなってきている。

恵美子は、夫と子供、親友のいる車内で、しかも相手が親友の旦那であるこの異常な状況下で大声を上げる訳にもいかず、ただただされるがままとなっていたが、中腰の状況から意を決して腰をシートに降ろした。

勿論、清三の激しくなっていく手の動きを制止する目的であったが、しかし、同時に清三の手の掌を尻の下に敷くことになり新たな状況を作りだしてしまう。

恵美子がシートに腰を下ろすと、清三の手の動きは止まった。恵美子の思惑どおりだったが、それも一瞬で、手の掌をシートに押されて恵美子の尻に密着して挟まれた清三は、手を引き抜くことはせず、新たな動きを開始しする。

「嫌ゃー、あっ...... ダメ......」
「―――静かにして、みんなに聞こえるから......」

「川野さん、酔っているのは分るけど悪戯では済まないわよ!」

「―――しっ! 声が大きいよ......」
清三の手の掌は、恵美子の尻に密着している。
撫でる動きは止まったが、こんどは、中指を基節部から軽く曲げて、指の腹で恵美子の股間を擦りはじめた。

ジーンズ越しではあるが、密着する指の腹は、芋虫が這うような感覚で、的確に恵美子の股間の芯を捉えてくる。
「あっ、ダメ~、はっ......」

清三は時折、強弱をつけていやらしく擦り、恵美子もそれに応じて呼吸が乱れてしまう。それはもう子供の悪戯ではなく完全なる大人の愛撫であった。

恵美子は声が出ないように口をつぐみ、前方に視線を向ける。

車内の最後尾で、このような不貞行為が行われていることを知る由もない正志は、最終のインターを目指して黙々とハンドルを握り、清三の妻梨花もチャイルドシートの香住を気にはしても後方を振り返ることはない。

「っあ、うっ、はっ...... はっ~ん」
恵美子は吐息のような呻き声を上げる。
清三の指の腹で擦られる股間に、内側から熱を帯びてきたのを感じていた。

―――嫌だわ...... 体が反応しちゃう......
恵美子は、この半年の間、夫と夜の営みがなかったことを考え、正直な体の反応を恨めしく思う。

声を上げることができない状況で、暫く不貞の行為に身を任せる形となっていた恵美子だが、ふと気が付くと清三の方にもたれ掛かっている自分に気が付いた。

恵美子が慌てて体を起こそうとすると、
「いいよ、こっちにもたれても」
と清三が優しく囁く。

恵美子は、清三の声がすぐ近くに聞こえることに驚き、視線を動かし清三の顔を確認すると、自分が清三の左肩に顔を預けてもたれ掛かっている体勢を理解した。

さすがに、ルームミラー越しの正志からでも見えてしまう姿勢である。
しかし、股間を分厚い清三の手で擦られ、思考の麻痺が伺える恵美子には、体を離そうとする動作が緩慢だった。

「あっ、ふ~ん......」
鼻を鳴らす恵美子、清三も恵美子の股間の湿り気を感じている。

「手を!」
清三は恵美子の右手首を自分の右手で掴むと、おもむろに自身の短パンの股間部分にもっていき、恵美子の手の掌を押し付けた。

恵美子の麻痺しかけた頭でもその行為の意味が瞬時に理解でき、慌てて手を引っ込めようとするのだが、清三に掴まれた右腕はびくともしない。

「嫌!? 離して......」
「静かに!」

「離して、うっ~、あ~ん~~~」
恵美子の胡乱な抗議にも清三の左手の動きは止まらない。段々と恵美子の思考回路がふやけてゆく。

「みんなに気づかれるよ」
現状の恵美子にとっては清三の一言はまさに殺し文句だった。

最初の段階で、夫に対し誤魔化した返答を発して以降、車内ではこの行為を制止するというよりは、この行為を誰にも気づかれてはいけないということが最優先にして最大のルールとなってしまっていた。

車は最後のインターを目指して走っている。
遠くに見えていた稜線がいつの間にか近くに迫り、山間部の県北を実感させる。

「はっ~、ふ~、ふぅ~」
恵美子は声を抑えつつ押し寄せる快感に身震いし、深い呼吸を繰り返す。

一度は起こしかけた体を再び清三に預け、頭は清三の左肩にもたれ掛けている。

恵美子と清三の顔が異常に近い。
時折、清三の欲望を宿した視線と、恵美子の熱を帯び呆けた視線が交錯する。

清三の短パンの股間の位置には恵美子の右手があるが、先ほどとは状況が違って、もう清三の手で押さえつけられていない。
恵美子の意志でその位置に留まっていることになる。

「恵美ちゃん、ちょっと動かして......」
清三の申し出に恵美子の返答はなが、その代りに恵美子の右手がゆっくりと上下する。

清三の肉棒はすでにエレクト状態で、恵美子には短パン上での擦る位置にガイドの必要はない。

恵美子は、お互いの性器を擦りあっている非日常的な行為に強い興奮を覚え、清三の左手と同じように自らも右手の動きを止めることができないでいた。

恵美子の中で、次第に強い快感を与えてくれる雄に応えなければならない義務的な気持ちが持ち上がってくる。

「イッてもいいよ......」
清三が耳元で囁く。

「嫌、だめ~ん、あっ~、ふぅ~ん...... だめょ......」 
口では拒否するが、恵美子は腰を少し浮かせて前後に小刻みに尻を振り、快感を深く貪ろうとする。

清三は恵美子の予想外の反応に興奮を増し、分厚い手に力を込めた。
「いいよ...... イッても。だけど声はダメだよ」

清三の悪魔の囁いに、恵美子は「イヤイヤ」とかぶりを振って答えるが、視線を前方へ泳がせて車内の様子を確認することを怠らない。

―――みんなこっちを見ないで~ いや、絶対に...... イカないから~
恵美子は絶頂だけは拒否しようとしていた。

不貞行為の罪悪感からではない。声を我慢できるか自信がなかったからである。
もしここがホテルの一室なら恵美子は遠慮なく絶頂を受け入れていた。

「あっイヤ~、ダメ~」
恵美子は、清三の肩越しに清三だけにしか聞こえないように喘ぐ。

清三も恵美子の右手の動きに鼻息が荒くなっている。

―――絶対にイカないから......
恵美子は心の中で、何度も繰り返して絶頂を拒絶した。

「もうすぐ高速下りるよ」
不意に正志の声が車内に響く。

恵美子は慌ててルームミラーを見るが、インターの出口に集中している正志の視線は前を向いたままだ。

清三は恵美子と同じようにルームミラーを確認し、正志が後ろを気にしていないことを確認すると、突然に恵美子の首筋に吸い付いた。

恵美子は、清三の大きな唇で首筋を上下にしゃぶられる。新たに加わった刺激が子宮に伝わったその瞬間、タガが外れる音が頭の中で響いて、絶頂への門が大きく開いたのがわかった。

―――ダメ~~~ いくっ! イッちゃうぉ~~~

恵美子は、意に反した絶頂の中、清三に唇を奪われた。
「あぶぃく! ぶぃぐふ! ぶぁ~ うう~~」 

清三が口を塞ぐのがもう少し遅ければ、絶頂に体を震わせた恵美子の声は大音量で車内に響いていただろう。

清三は、声が漏れるのを止めるために唇を奪ったが、手で塞げばもっと簡単に声を封じることができたはずだった。
しかし、恵美子の快楽に呆け濡れそぼった口に吸いつかずにはいられなかったのだ。

結果として、恵美子のくぐもった絶頂の声はエンジンと風切音に掻き消され、清三は短時間ではあったが恵美子の口腔内に舌を差し入れて、官能に熟成した甘い唾液を味わった。
テーマ : 18禁・官能小説    ジャンル : アダルト
 2014_11_25


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

ヒデマル

Author:ヒデマル
はじめまして。
本業から脱落したい
サラリーマン(?歳)です。
性癖が合えば嬉しいですね~
★★★相互リンク、コメント大歓迎★★★

最新トラックバック

トータル来場者数

ブロマガ購読者向けメールフォーム

全記事表示リンク

検索フォーム

リンクはフリーです

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
アドレス:
本文:

ランキング




PAGE
TOP.