FC2ブログ

キャンプ? in car (5) 往路の山道

Category: キャンプ? in car   Tags: 接吻  

~往路の山道~

車はインターを降りて県道に入った。
向かっているキャンプ場は、山間部を縫うように走る県道を抜けた先にあり、ここからはほぼ一本道である。

運転席の正志は、不慣れな道に集中してハンドルを握っていた。

助手席の正彦は、車酔いから回復して遠くにせり上がる入道雲を大人しく眺めている。

二列目の梨花は、手遊び歌でチャイルドシートの香住の相手をしていた。

3列目の2人もインターを降りると同時に、どちらからともなく体を離している。
 
「筒井、帰りは運転するぞ」
3列目の清三が野太い声をあげた。

正志はルームミラー越しの清三に対して首を横に振って、隣に映る恵美子に、
「帰りは恵美子にお願いしようかな」
と軽い口調で声を掛ける。

恵美子は、正志の声が聞こえなかったのか、うつむいたままで視線を上げようともしない。

―――顔が赤い?熱でもあるのかな......
運転席の正志は、妻の異変の正体を知る由もなく再び視線を前方に移した。

一行を乗せた車は緩やかなカーブが連続する登りの道を慎重に進んでいく。

「恵美ちゃん、到着までもう少し時間があるよ」
清三は、先ほどの行為に悪びれた様子もなく、落ち着いた口調で恵美子に喋りかけていく。

恵美子にすれば清三との会話を避けたかったのだが、そのあまりにも落ち着いた様子に段々と腹が立ってくる。

「酔ったうえでの悪戯では済みませんよ! 謝って下さい」
「しっ! みんなに聞こえるよ」 

抑えた声ではあるが、語気強く迫る恵美子に対し清三は平然と答えた。
「そういう言い方は卑怯です! 今ここで謝っ――――!」

恵美子が喋り終わらないうちに、清三の右手が恵美子の右胸を服の上から捉える。
――――!

恵美子は言葉を失い、そのまま助けを求めるように視線を前に向けるが振り向く者はなく、ルームミラーに正志の視線もない。

「僕は酔ってるんだろうね、ごめん恵美ちゃん」
「止めて...... お願い......」

清三の手は触るというソフトなものではなく、手の平で胸の肉を下から包み込み、円を描くように揉み込む強引でいやらしい触り方だった。

「さっきは何で助けを求めなかったのかな?」
「言える訳がないじゃないですか」

「ちょっと感じてたでしょ」
「......」

恵美子は清三の指摘に戸惑う。

確かに、家族のいる車内という空間で、夫ではない男の股間に指を這わせ、恵美子自身も股間を弄ばれるという異常な状況に背徳感を煽られた。

恵美子は背徳感の中で、今までに一度も感じたことのない気持ちの昂ぶりを覚え、途中からは体を清三に預ける形となってしまい、少なからず女の芯が本気で感じてしまっていたのだ。

清三の胸への愛撫は力強く執拗で、先ほどの行為で火照った恵美子の女性の芯に遠慮なく欲情の薪をくべてくる。
「うっ、ダメです。ダメ......」

「静かにして、聞こえるから」
清三が恵美子に顔を近づけ耳元で囁く。

恵美子は口では拒絶しながらも、頭の中では先ほどの高速道路上の状況を思い返して、狭い車内では抵抗する手段がない事を理解していた。

清三の手の動きには遠慮がなく、恵美子の心の動きが分かるかのようだ。
恵美子は股間を触られている時とは違い、誰かが振り向けば勿論のこと、ルームミラー越しでさえ何をされているのかが分かる状況に緊張した。

短いカーブの連続で車上の体は小さく左右に揺られる。

恵美子は前方の視線から行為を隠す必要があり、前の座席の背もたれに胸の位置が隠れるように前かがみになっていた。
腹痛の為に両手でお腹を押さえてちじこまっているような格好だ。

「は~、は~、嫌~や、ダメ......」
恵美子の口から、深い呼吸音と弱い拒絶の言葉が漏れる。

清三の愛撫は一定のリズムから強弱を付けたものへと変わり、恵美子の乳房の先端を淫靡に尖らせてゆく。

「ふふ、感じてるね。僕のも......」
前かがみになっている恵美子が清三の方に顔を傾けると、清三の股間が思ったよりも近くにあり、短パン越しにその猛りが見てとれる。

一瞬、清三の愛撫が止んだ。っと恵美子が思った次の瞬間、ネルシャツの中のTシャツの裾が捲られ、清三の獣のように毛深い手が服の中に入ってきた。

――――!

恵美子に考える隙を与えず、清三の手がブラジャーの上部から強引に押し込まれ、すぐにカップ部分が下方向に捲れると容赦ない愛撫が再開される。

「くぅ~ん、はっ、はっ、はっ」
恵美子の口から自然と子犬みたいな鳴き声が漏れた。

清三は官能に尖った恵美子の乳首を指先で摘み、手の平で胸の肉をゆっくり揉み込んでゆく。
「僕のも...... お願い」

清三の甘えたような声が耳元で聞こえ、恵美子の拒絶の思考は、次第に女の体の自然な反応へ流されていった。
――――ダメ、ダメなのに...... 気持ちいい......

「お願い...... 擦って」
清三の少年のような甘えた懇願が人妻の背中を押す。

「主人と梨花には~うっ、内緒っ~よ、あっ、ああ~ん......」
恵美子の理性のダムが決壊した瞬間だった。

恵美子の左手が清三の短パン越しにエレクトした一物の膨らみに添えられ上下する。
「うっ!」

清三も待ち焦がれた刺激に思わず声が漏れ、一瞬前方を気にして顔を前に向けたが、二人の行為に誰も気づくことはない。

1度ならず2度までも夫以外の一物に短時間で手を伸ばした恵美子にとって、もう欲情の炎は自ら消す事が出来ない大きなものとなっていた。

恵美子は清三の誘導により短パンの裾から手を差し入れて、直接にエレクトした一物を握り締める。

―――は~、熱い、熱いわ~

感触だけで清三の一物が正志のものより大きいと分り、恵美子は力を入れて一物を握り込む。すると、夫のものでは感じたことのない肉のボリュームに眩暈がした。

――――凄い......

恵美子の芯が急激に熱を持ち、乾きかけのショーツが再び濡れる。
「ふっ、ふっ、ふっ、は~ん、いや~ん」

恵美子は自然と一物を上下にしごき始め、新たな発見に戸惑うこととなる。
恵美子の肉棒を上下する手が、清三の一物の先端に到達することなく、途中に張り出した仮首に押し返されるのだ。

――――まるで笠の開いた松茸みたい......

恵美子は自身の擦っている一物を想像して興奮が増していき、手コキの動作に力が入った。

「恵美ちゃん、気持ちいい......なんか積極的になってない?」
「だめ、うっ、積極的なんて言わないで......」

その行為自体を見ると、もはや恋人同士のペッティングである。しかし、ここはお互いの家族がいる車内であって、その異常な状況が恵美子と清三の興奮をいやがうえにでも増幅させていく。

車は連続したカーブを抜け、杉林の開けた登りの直線を進んでいた。

3列目シートの2人の体だけが異様に密着している。

清三は前かがみの恵美子に後ろから覆いかぶさる形となって、後ろから両腕を回してシャツの裾から両手を差し入れ双房を愛撫していた。

「乳首が~痛い~、はっ~ん」
清三が恵美子に与える刺激は、恵美子が経験したことのない力強く執拗なもので、清三は人差し指と中指で恵美子の淫靡に尖った乳首を挟み両胸を丹念に揉み込んでいく。

唐突に恵美子が、
「うっ、はっ、はっ、はっ、――――ひっ!」
と短い悲鳴を上げるが、それはエンジン音に掻き消される。

悲鳴の原因は、清三が前かがみの恵美子の露わになったうなじに口を付けたことだった。
清三の唾液をたっぷり含んだ唇がうなじに吸い付き、すかさず舌を這わせる。

「はぁ~ん、あ~ん」
恵美子は新たに加わった刺激に体が蕩けてゆく感覚に襲われた。

恵美子の右手は清三の一物に妖しく絡みつき、カウパーでヌルヌルになった幹を激しく上下に動かしている。
「恵美ちゃん、もう着くけど...... 続がしたい」

清三の唇がうなじから首筋に移動しする。
大柄な清三に後方から絡めとられる態勢で、首筋に強く吸い付かれている恵美子の理性は溶解の一途だった。

「ダメよ...... 絶対......」
「絶対にバレない、絶対に!」

「絶対? うっ、はっ、絶対にバレないの~?」
「約束する。大丈夫」

清三の唇が首筋から恵美子の顔へ上がっていくと、恵美子は前かがみの姿勢から若干体を起こし清三の方へ顔を向けた。その途端、清三の唇が恵美子の口を塞ぐ。

もう恵美子の抵抗はない。

お互いに口をすぼめて接吻をする。

狭い車内では危険な行為であった。

「清ちゃん、もう着くわよ」
恵美子の口腔内に清三の舌が差し入れられ、舌と舌が触れ合った瞬間だった。前席の梨花が声を上げて、清三と恵美子がすばやく互いの体を離した瞬間に振り向いた。
テーマ : 寝取り・寝取られ・NTR    ジャンル : アダルト
 2015_01_11


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

プロフィール

ヒデマル

Author:ヒデマル
はじめまして。
本業から脱落したい
サラリーマン(?歳)です。
性癖が合えば嬉しいですね~
★★★相互リンク、コメント大歓迎★★★

最新トラックバック

トータル来場者数

ブロマガ購読者向けメールフォーム

全記事表示リンク

検索フォーム

リンクはフリーです

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
アドレス:
本文:

ランキング




PAGE
TOP.